名刺を作るに当たってのお役立ち情報です

罫線の活用法英文肩書表


名刺をいかに見栄えよく仕上げるか、当社のノウハウをお教えいたします。
こちらは一般的なビジネス名刺の作り方です。

レイアウトの型を決めるロゴの位置を決める内容を決める書体を決める刷色・紙を決める社員名簿の提出校正納品

 *レイアウトの型を決める。(文字の組み方)

縦型縦組 横型横組 縦型横組 横型縦組
1 2 3 4

ビジネスで使用される名刺の型として、よく用いられるパターンとしては、上記の型が一般的です。
この他斜めに組んだり縦組と横組を混ぜてあるものもありますが、受け取った相手が読みづらい名刺は避けた方が無難です。

 *会社の顔でもあるロゴの位置を決める。

先に決めたレイアウトに合わせて社章(ロゴ)を入れる位置を決めます。
また小さすぎないようにすることが大切ですが、ロゴのデザインや印刷される色(特に濃淡)によって若干大きく見えたり、小さく見えたりしますので注意が必要です。

 *名刺に記載する内容を決める。

社名、住所、氏名、肩書き、部署名、電話・・・・・・・。
その名刺で特に強調したい個所などを検討します。
例えば、ホームページをOPENしたばかりの時などはURLを少し大きく太字にするなど。
また、最近の傾向としましては営業関係の部署などでは電話、ファクシミリよりもE-mailや携帯番号を強調して作成されるお客様も多くなっております。

下記のレイアウトはロゴの位置と社名、氏名などをラフに組んだ見本です。

1 2 3 4

5 6 7

8 9

 *書体(フォント)を決める。

記載する内容と強調したい個所、ロゴのデザインと位置などが決まりましたら、それに合わせて書体(フォント)を決めます。
書体は和文、欧文それぞれかなりの数がありますが、和文、欧文共にビジネス名刺の場合下記の書体が一般的です。
また、業種などによっては、特殊な書体を使用されるケースもあります。

書体見本1 書体見本2

 *刷色、紙を決める

会社のロゴマークは指定の色(DIC No.等)で印刷しますが、文字部分は紙やロゴに合わせて決めます。
通常はスミ1色かダークグレー1色で印刷されるお客様が大半ですが、会社のイメージやお取り扱い商品などによってそのイメージにあった色で印刷するという方法もございます。
墨、グレー以外で良く使用される色はダークブルー、ダークグリーン、セピア(茶)などですがライト系の色は紙によっては文字が読み難くなる場合がございます。
用紙は、まず厚さ(紙の斤量)を薄口か厚口を決めます。営業職の方などたくさん持ち歩いたりする場合には薄口がお勧めですが、お客様によっては斤量が薄いとイメージが貧弱に 見えてしまうと思われる方もいらっしゃいます。しかし名刺によく使用されます紙はコシが強く薄口でもかなりしっかりしているものが大半です。
再生紙名刺は最近種類も豊富でエコマーク入り(エコマーク認定品)も多数販売されており、当社でも縦型、横型に合わせたエコマーク入りの台紙を多数取り扱っております。
非木材紙は、ケナフ、バガス、竹等ございます。
また、印刷方法等により適さない紙もございますので、印刷される前には、お問い合わせいただきますと作成後のトラブルも起きません(ベタ白抜き、アミ、グラ デーション、大豆インキ等)。

会社などで引越しや人事異動により全社員分を大量に作成される場合には、デザイン、刷色等によりますが、オフセット印刷で面付けをして一度に全部作成されると時間的に速く価格も抑えることができます。しかし名刺の場合には通常、普段のリピート発注の方が多いのが現状ではないのでしょうか。
営業の方の急な出張や展示会や商談会などのイベントで思ったよりもたくさんの名刺を使用してしまい手持ちの在庫がゼロになってしまった!などのアクシデントでも早ければ当日遅くても翌日には必要とするのがビジネス名刺です。
当社では、一枚一枚丁寧に仕上げる「こだわり名刺職人」とより早く、より安い「デジタル印刷」がございます。
価格と納期を考えますと、やはり台紙はまとめて購入作成し、氏名、社名等はデジタル印刷での刷り込みが一番良い方法です。
デジタル印刷は墨、グレー(ライト、ダーク)等のインクがございます。
ただし、紙によっては文字がカスレたり、にじんだりするものもございますので作成される前にデジタル印刷に適する紙か確認が必要です。

 *社員名簿の提出と校正・納品

社員名と肩書きを紙に書いて提出してください。
それに基づき名刺のゲラ(モノクロ刷り見本)を作成し、校正をお願いいたします。
間違っている箇所がないか印刷前に確認していただく作業です。
校正が上がり次第印刷にかかります。人数によって若干納期も変わりますが、デジタル印刷で中1日、こだわり職人で中2日ほどいただいております。

以上の作成手順はあくまでも一般的な作成方法の手順です。決める順番はご自身または御社で特に強調したい部分、こだわりたい部分を先に決めてから他を合わせていくという方法がよろしいかと思います。
名刺作成方法につきまして、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお尋ね下さい。

ホームトップへメールサンプル一覧


 *罫線の活用法

レイアウトを生かすことができる簡単な方法として罫線の活用があります。
この使い方次第で今お使いの名刺がグッと引き立ってきます。センスの良い名刺にするか否かは罫線次第と言ったら言い過ぎでしょうか。
しかし、それほど罫線をうまく入れることによって名刺のイメージがガラリと変わってきます。
さらにその罫線に色が使えれば効果はさらに大きくなるでしょう。罫線は1本のものもあれば2本線、3本線と使用しているものもあり、また、太い線と細い線を組み合わせたり交差させてあるものなど様々です。
下記の見本は、罫線を活用した名刺の一例です。

1 2 3
4 5
罫線は強調したい部分を目立たせ、また空間を引き締める効果があります。
細い線のみならず、太い帯線を活用し、その中に社名など文字を入れる工夫も一案です。

ホームトップへメールサンプル一覧

 *英語肩書きお役立情報

日本語 (Japanese) 英語 (English) その他注意事項
*肩書き
会長 Chairman, CEO 代表権がある場合はChairman of the Board または Chairman & CEO
副会長 Vice Chairman  
社長 President  
代表取締役 CEO, Representative Director 英国の場合はManaging Directorになります
代表取締役社長 CEO, COO [Chief Executive(Operating) Officer]  
副社長 Executive Vice President, Vice President 米国では部長クラスにもVice Presidentが使用されますのでExecutive,Seniorを付けるのがよいと思われます
専務取締役 Senior Vice President, Executive Vice President 米国、英国ともに専務、常務という肩書きは存在せず、また明確な区別もありません。
常務取締役 Managing Director, Executive Director
役員・取締役 Director  
監査役 Auditor  
顧問、相談役 Adviser  
本部長(事業本部長) Division Director , General Manager  
部長 Vice President, General Manager 日本の名刺ではGeneral Managerと表記されているものが多いですが米国ではVice Presidentがよく使用されております
部長代理、部長補佐 Acting General Manager, Assistant Director
次長 Deputy Manager, Assistant General Manager 米国、英国ともに補佐、代理などは明確な区別はなく、次長、課長などは、厳密に英語で区別することは難しく、課長と次長、副部長、部長代理などが同じ肩書きの場合もあります。
課長 Manager, Section Chief
課長代理、課長補佐 Acting Manager, Deputy Manager, Assistant Manager
係長 Manager, Subsection Chief, Senior Staff  
主任 Assistant Manager, Senior Staff  
支店長 Branch Manager  
工場長 Factory Manager, Plant Manager  
秘書 Secretary  
*部署
社長室
営業部
企画部
宣伝部
総務部
管理部
人事部
経理部 会計部 財務部
法務部
研究開発部
販売促進部
商品企画部
商品管理部
貿易部
物流部

本社
支店(支社)
営業所
工場
研究所
President's Office
Sales Div.
Planning Div.
Publicity Div.
General Affairs Div.
Administration Div.
Personnel Div., Human Resources Div.
Accounting Div., Finance Div.
Legal Div.
Research & Development Div. (R&D Div.)
Sales Promotion Div.
Product Planning Div.
Product Administration Div.
Foreign Trade Div.
Logistics Div.

Head Office
Branch, Office
Office
Plant, Factory
Laboratory
 

Division, Department
Section
英語表記では、米国、英国とも部、課による明確な区別はありません。また、省略した表記もよく使用されます。Division(Div.) Department(Dept.)
*電話・ファクシミリ
携帯電話 Mobile Phone(Mobile)
Cellular Phone
Portable Phone
日本では携帯電話を表記する際、Mobile Phone(Mobile)が一般的ですが最近はCellular Phoneも多くなってきました。電話番号を英語で表記する際には海外からでも通話できるよう下記のように国番号(81)を入れ市外局番の(0)を省略して表記します。+81-90-1234-5678
電話
ファクシミリ
フリーダイヤル
Telephone (Tel, Phone)
Facsimile (Fax)
Toll Free Telephone Service(Toll Free)
通常の電話、ファクシミリの英語による表記は携帯電話と同じく国番号(81)を入れ市外局番の(0)を省略します。+81-3-3686-2922
フリーダイヤルは Toll Free:0120-1234-5678 です。
*会社の表記
合資会社
合名会社
General partnership(corporation)
Limited partnership(corporation)
 
     
有限会社(米国)
株式会社(米国)
Corporation(Corp.), Incorporated(Inc.)
Corporation(Corp.), Incorporated(Inc.)
欧米では会社は有限責任会社を意味します。株式会社、有限会社は有限責任会社であるため、株式会社、有限会社とも英語による表記は同じになります。
名刺に表記する場合結論的には、省略した(Co.,Ltd.) (Inc.) (Corp.) で問題ありません。
有限会社(英国)
株式会社(英国)
Company Limited(Co.,Ltd.)
Company Limited(Co.,Ltd.)
以上の英語表記はあくまでも一例でございます。
会社の組織形態や肩書き、部署名などは国や業務内容によって若干変わってきます。
ご参考までに、ご活用いただければ幸いです。


☆「ベタ(全面)印刷」の価格と作成方法

*最近けっこう流行っております、ベタ(全面印刷)の名刺に関しまして、お客様より メール、ファクシミリ、電話などによって多数お問い合わせがございましたので  ”ベタ刷の名刺”についての情報をお知らせ致します。
最近はネットの普及により、様々な情報が飛び交いネットのみによる会社対会社の取引も 多くなり、従来からの営業戦略では、あまり効果が上がらなくなり、いろいろと工夫が 必要になってまいりました。 そこで、少しでも取引先等に印象を与え、名刺交換の際には、話題にもなるようにと 名刺に様々な工夫を凝らすお客様も多くなってまいりました。 その中でも紙質はもちろんのこと、デザインや色など1枚の名刺で相手に良いインパクトを 与える方法として両面または片面ベタの印刷が当社のお客様でも増えてまいりました。 また、メールやファクシミリ、電話でも「当社もひと工夫してベタの名刺を作成したい。」 「ベタの名刺はデザイン的には面白いがうちのような業種にはむかないのでは。」「確かに デザインはいいが、納期と価格が心配」など多くのお問い合わせが寄せられました。

ホームトップへメールサンプル一覧特商法に基づく表示